コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井上田鶴子 いのうえ たずこ

1件 の用語解説(井上田鶴子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井上田鶴子 いのうえ-たずこ

1832-1902 幕末-明治時代の歌人。
天保(てんぽう)3年生まれ。歌を母近子や真木和泉(いずみ),矢野一貞に,国学を船曳鉄門(ふなびき-かねと)にまなぶ。贈答歌をよくした。明治35年1月20日死去。71歳。筑後(ちくご)(福岡県)出身。
【格言など】八千種のさきのさかりの秋の野はわけ行く袖も花すりにして(「久留米市篠山神社境内の碑文」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

井上田鶴子の関連キーワード尾崎宍夫会田安昌井関照子河内荻子清水蓮成久郷恭慶藤田広見毛呂清氏山田正秋吉成就子

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone