コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井上田鶴子 いのうえ たずこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井上田鶴子 いのうえ-たずこ

1832-1902 幕末-明治時代の歌人。
天保(てんぽう)3年生まれ。歌を母近子や真木和泉(いずみ),矢野一貞に,国学を船曳鉄門(ふなびき-かねと)にまなぶ。贈答歌をよくした。明治35年1月20日死去。71歳。筑後(ちくご)(福岡県)出身。
【格言など】八千種のさきのさかりの秋の野はわけ行く袖も花すりにして(「久留米市篠山神社境内の碑文」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

井上田鶴子の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門ベックマンハモンドハモンドアービング(Washington Irving)バルザックジョン・L.L.B. ハモンドベックマンイギリス史(年表)正岡子規

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android