コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

船曳鉄門 ふなびき かねと

美術人名辞典の解説

船曳鉄門

歌人。国学者筑後大石の人。称鉄之助・環、号石主・花庵・揖山等。大枝の男・大滋の弟。江戸に出て橘守部の門に入る。久留米の碩学池尻葛覃に従い、漢学を修め藩主に請うて皇学を藩学に加う。安芸国嚴島神社宮司・筑前香椎・筑後高良神社権宮司を歴任する。明治28年(1895)歿、72才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

船曳鉄門 ふなびき-かねと

1824*-1895 幕末-明治時代の国学者。
文政6年12月4日生まれ。中島広足(ひろたり),橘守部(たちばな-もりべ)らにまなぶ。筑後(ちくご)(福岡県)久留米藩(くるめはん)藩校に皇典科をもうけ講師となる。門人真木和泉がいる。維新後は福岡県香椎宮などの宮司(ぐうじ)をつとめた。明治28年2月10日死去。73歳。筑後出身。名は大季,大弐,磐主。号は花庵。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

船曳鉄門の関連キーワード井上田鶴子明治時代歌人

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android