コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井上肇堂 いのうえ ちょうどう

1件 の用語解説(井上肇堂の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井上肇堂 いのうえ-ちょうどう

1804-1881 江戸後期-明治時代の医師。
文化元年生まれ。井上達也の父。阿波(あわ)(徳島県)の漢方医。紀伊(きい)の華岡青洲(はなおか-せいしゅう)に外科を,京都の奥劣斎に産科をまなび,文久元年徳島藩医となる。漢方の衰退をうれえ,明治13年徳島に漢方専門の済生医院を創立し,漢方存続運動を推進した。明治14年4月23日死去。78歳。号は春瑞。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

井上肇堂の関連キーワード伊佐幸琢(5代)大橋宗桂(8)昇斎一景関直吉岱阿高橋確斎壇秋芳遠山弘湖花沢伊左衛門(3代)森下朋親

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone