コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井上肇堂 いのうえ ちょうどう

1件 の用語解説(井上肇堂の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井上肇堂 いのうえ-ちょうどう

1804-1881 江戸後期-明治時代の医師。
文化元年生まれ。井上達也の父。阿波(あわ)(徳島県)の漢方医。紀伊(きい)の華岡青洲(はなおか-せいしゅう)に外科を,京都の奥劣斎に産科をまなび,文久元年徳島藩医となる。漢方の衰退をうれえ,明治13年徳島に漢方専門の済生医院を創立し,漢方存続運動を推進した。明治14年4月23日死去。78歳。号は春瑞。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

井上肇堂の関連キーワード文化岩井半四郎アメリカ美術アレクサンドルアレクサンドルブラジル文学奈破崙天竺徳兵衛プチャーチンギャンジャ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone