コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井上肇堂 いのうえ ちょうどう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井上肇堂 いのうえ-ちょうどう

1804-1881 江戸後期-明治時代の医師。
文化元年生まれ。井上達也の父。阿波(あわ)(徳島県)の漢方医。紀伊(きい)の華岡青洲(はなおか-せいしゅう)に外科を,京都の奥劣斎産科をまなび,文久元年徳島藩医となる。漢方の衰退をうれえ,明治13年徳島に漢方専門の済生医院を創立し,漢方存続運動を推進した。明治14年4月23日死去。78歳。号は春瑞。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

井上肇堂の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android