亜ヒ酸(亜砒酸)(読み)あひさん(英語表記)arsenious acid

世界大百科事典 第2版の解説

あひさん【亜ヒ酸(亜砒酸) arsenious acid】

化二ヒ素As2O3を水に溶かしたときに存在すると考えられる酸。化学式H3AsO3,HAsO2などであらわされるが,遊離状態では得られていない。弱酸であるが両性を示し,塩基としても働く。酸解離定数Ka=6×10-6(HAsO2⇄H+AsO2),塩基解離定数Kb=10-14(AsO(OH)⇄AsO+OH)。中性および微酸性水溶液は安定であるが,アルカリ性水溶液では空気により酸化されてヒ酸となりやすい。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オジー オズボーン

職業・肩書ロック歌手国籍英国生年月日1948年12月3日出生地ウォーリックシャー州アストン本名Osbourne,Johnグループ名旧グループ名=ブラック・サバス〈Black Sabbath〉経歴友人ト...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android