コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

両性酸化物 りょうせいさんかぶつ amphoteric oxide

5件 の用語解説(両性酸化物の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

両性酸化物
りょうせいさんかぶつ
amphoteric oxide

酸,塩基両方の性質を示す酸化物。酸性酸化物塩基性酸化物に対する語。たとえば酸化アルミニウムは典型的な両性酸化物で,(塩基として) 酸と反応して塩を生じ,Al2O3+3H2SO4→Al2(SO4)3+3H2Oまた (酸として) アルカリを中和する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

りょうせい‐さんかぶつ〔リヤウセイサンクワブツ〕【両性酸化物】

塩基に対しては酸性に対しては塩基性を示す酸化物酸化アルミニウムなど。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

両性酸化物【りょうせいさんかぶつ】

酸に対しては塩基として働き,塩基に対しては酸として働く酸化物。塩基性酸化物酸性酸化物に対する語。アルミニウム,スズ,鉛,ヒ素,アンチモンなどの元素の酸化物は両性酸化物。
→関連項目酸化物両性化合物

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

りょうせいさんかぶつ【両性酸化物】

酸に対しては塩基として、塩基に対しては酸として作用する酸化物。酸化亜鉛・酸化アルミニウムなど。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

両性酸化物
りょうせいさんかぶつ
amphoteric oxide

酸化物のうち、酸に対しては塩基として作用し、塩基に対しては酸として作用するものをいう。酸化物のうち、非金属の酸化物、および金属でも高酸化数の酸化物は、多く酸として働き(酸性酸化物)、金属の低酸化数の酸化物は、多く塩基として働く(塩基性酸化物)が、それらの中間的な性質をもつものが両性酸化物である。たとえば、長周期型周期表の右下端より左上端に向かって対角線を引いたとき、その付近にくる元素(亜鉛Zn、カドミウムCd、アルミニウムAl、ガリウムGa、ケイ素Si、ゲルマニウムGe、スズSn、ヒ素As、アンチモンSbなど)の酸化物、および遷移元素の中程度の酸化数の酸化物がそうである。たとえば次のような反応式が示される。
  Al2O3+6HCl→2AlCl3+3H2O
  Al2O3+2NaOH→2NaAlO2+H2O
  As2O3+6HCl→2AsCl3+3H2O
  As2O3+6NaOH→2Na3AsO3+3H2O
  Cr2O3+6HCl→2CrCl3+3H2O
  Cr2O3+2NaOH→2NaCrO2+H2O[中原勝儼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の両性酸化物の言及

【酸化物】より

…これらに対し上記のような非金属元素と金属元素との中間にある元素では,非金属元素でも電気陰性度が低くなり,金属性が増すと,その酸化物は単分子からなるよりも巨大分子をつくりやすくなり(水に難溶性となる),酸性は弱まってくるし(Sb2O5,TeO3など),金属元素でも電気陰性度が増してくると酸素との結合はイオン性を減じ,共有性が増してきて塩基性が減り,水に溶けにくくなり,酸性が増す。それが極端になったとき,たとえばAl2O3,ZnO,PbO,SnOなどでは,酸と塩基の中間的性質,すなわち強酸に対しては塩基,強塩基に対しては酸として働くので,両性酸化物amphoteric oxideといっている。一つの元素でいくつかの酸化数の酸化物をつくるときは,高酸化数酸化物のほうが酸性が強く,低酸化数のほうが塩基性が強い。…

※「両性酸化物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

両性酸化物の関連キーワード亜酸化物塩基性酸化物酸化鉛酸化物半導体酸性酸化物水酸化物イオン両性化合物両性電解質両性水酸化物過酸化物価

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

両性酸化物の関連情報