亜硝酸アンモニウム(読み)アショウサンアンモニウム

大辞林 第三版の解説

あしょうさんアンモニウム【亜硝酸アンモニウム】

亜硝酸鉛または亜硝酸バリウムに硫酸アンモニウムを作用させて得る無色の潮解性結晶。化学式 NH4NO2 水に溶けやすく、熱水には分解する。熱すると爆発的に窒素と水とに分解する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android