コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

潮解 ちょうかい deliquescence

翻訳|deliquescence

7件 の用語解説(潮解の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

潮解
ちょうかい
deliquescence

固体を空気中に置いたとき,空気中の水分を固体が吸収して水溶液になる現象。固体の飽和水溶液の水蒸気圧が空気中の水蒸気分圧よりも小さい場合に起る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちょう‐かい〔テウ‐〕【潮解】

[名](スル)結晶が空気中の水分を吸収して溶けること。食塩中の塩化マグネシウムはこの性質が著しい。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

潮解【ちょうかい】

固体が大気中の水蒸気を吸って溶解する現象。その固体の飽和水溶液の水蒸気圧が,それと接触する大気の水蒸気の分圧より小さい場合に起こる。これは,大気中から水分が固体表面とそこにある飽和溶液中に移り,溶液の濃度を低下させるためである。
→関連項目乳酸

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

潮解

 空気中においた物質が,その強い吸水性のために空気中の水分を吸収して溶ける現象.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうかい【潮解 deliquescence】

固体を大気中に放置するとき,その固体が空気中の水分を吸収し,その水分に固体が溶け出す現象。たとえば粒状の水酸化ナトリウムを大気中に放置すると,初めはすりガラスのようであったその粒の表面が,瞬間的につやを帯びる。これは,水酸化ナトリウムが空気中の水分を吸い取って溶け,粒の表面が水溶液で覆われる現象である。水の吸収や移り具合を水蒸気圧の大小関係でとらえてみると,ある物質の飽和水溶液の水蒸気圧P1が,それと接触している大気中の水蒸気の分圧P2よりも小さい場合(P1P2)に潮解の現象が起こることがわかる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ちょうかい【潮解】

( 名 ) スル
空気中に放置された結晶が、空気中の水分を吸収して溶解すること。塩化マグネシウム・塩化カルシウムなどがこの性質を示す。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

潮解
ちょうかい
deliquescence

飽和溶液と平衡にある蒸気圧が、同温の大気の飽和水蒸気圧よりも小さい場合には、水蒸気は固体物質に吸収されてやがて不飽和溶液となる。この現象を潮解という。塩化マグネシウムにがり主成分)などは潮解性化合物の好例である。
 潮解性の化合物は例外なく水によく溶けるものであり、吸湿性を利用して乾燥剤に用いられるものも少なくない(塩化カルシウム、過塩素酸マグネシウムなど)。低温においては大気中の飽和水蒸気圧も著しく小となるので、潮解性の著しいはずの結晶が安定に固体として存在することもある。南極のドライバレーにおいて、鳥居鉄也(とりいてつや)、小坂丈予(おさかじょうよ)によって発見された「南極石」は、塩化カルシウム六水和物である。いかに乾燥した条件下にあるかが推測できる。[山崎 昶]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

潮解の関連キーワード湿潤熱固体イオニクス固体麹法共析反応包析反応グレイ‐ブラッグの式ブラッグ‐グレイの原理放置林酢酸鉄比重てんびん(比重天秤)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone