潮解(読み)ちょうかい(英語表記)deliquescence

  • しおどけ しほ‥
  • しおどけ・し しほどけ‥
  • しおど・し しほどし
  • ちょうかい テウ‥
  • ちょうかい〔テウ〕
  • 潮解 deliquescence

翻訳|deliquescence

百科事典マイペディアの解説

固体が大気中の水蒸気を吸って溶解する現象。その固体の飽和水溶液の水蒸気圧が,それと接触する大気の水蒸気の分圧より小さい場合に起こる。これは,大気中から水分が固体表面とそこにある飽和溶液中に移り,溶液の濃度を低下させるためである。水酸化ナトリウム塩化カルシウム化マグネシウムなどで顕著。粗製食塩が潮解するのは不純物として塩化マグネシウムを含むため。→風解
→関連項目乳酸

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

固体を大気中に放置するとき,その固体が空気中の水分を吸収し,その水分に固体が溶け出す現象。たとえば状の水酸化ナトリウムを大気中に放置すると,初めはすりガラスのようであったその粒の表面が,瞬間的につやを帯びる。これは,水酸化ナトリウムが空気中の水分を吸い取って溶け,粒の表面が水溶液で覆われる現象である。水の吸収や移り具合を水蒸気圧の大小関係でとらえてみると,ある物質の飽和水溶液の水蒸気圧P1が,それと接触している大気中の水蒸気の分圧P2よりも小さい場合(P1P2)に潮解の現象が起こることがわかる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

スル
空気中に放置された結晶が、空気中の水分を吸収して溶解すること。塩化マグネシウム・塩化カルシウムなどがこの性質を示す。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

飽和溶液と平衡にある蒸気圧が、同温の大気の飽和水蒸気圧よりも小さい場合には、水蒸気は固体物質に吸収されてやがて不飽和溶液となる。この現象を潮解という。塩化マグネシウム(にがりの主成分)などは潮解性化合物の好例である。
 潮解性の化合物は例外なく水によく溶けるものであり、吸湿性を利用して乾燥剤に用いられるものも少なくない(塩化カルシウム、過塩素酸マグネシウムなど)。低温においては大気中の飽和水蒸気圧も著しく小となるので、潮解性の著しいはずの結晶が安定に固体として存在することもある。南極のドライバレーにおいて、鳥居鉄也(とりいてつや)、小坂丈予(おさかじょうよ)によって発見された「南極石」は、塩化カルシウム六水和物である。いかに乾燥した条件下にあるかが推測できる。[山崎 昶]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (形動) びっしょりとぬれること。特に、悲しみの涙にぬれること。また、そのさま。
※栄花(1028‐92頃)鳥辺野「よろづに悲しき事を、御直衣の袖もしほどけにて出で入り扱ひきこえさせ
〘形ク〙 びっしょりとぬれている。特に、涙にぬれている。しおどし。
※源氏(1001‐14頃)明石「寄る波に立ちかさねたる旅衣しほどけしとや人のいとはむ」
しおどけ‐げ
〘形動〙
しおどけ‐さ
〘名〙
※相模集(1061頃か)「早苗引き裳裾よごると云ふ田子も我がごと袖はしほどからじな」
〘名〙 結晶が大気中の湿気を吸収して溶ける現象をいう。塩化マグネシウムなどがその例。
※舎密開宗(1837‐47)内「此塩の稟性は消酸加里の如し〈略〉大気の温を引て潮解す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

化学辞典 第2版の解説

固体化合物が大気中の水蒸気を吸収して,終局的にその化合物の不飽和水溶液ができる現象.すなわち,飽和溶液の示す水蒸気圧が,そのときの大気中の水蒸気圧より小さい場合に起こり,しかも例外なく固体は水に易溶性のものである.たとえば,潮解性の塩として知られている塩化カルシウムの飽和水溶液の蒸気圧は,室温において(5~7)×102 Pa であって,これは通常の大気中の水蒸気圧より低い.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android