コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亜麻糸 あまいとflax yarn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

亜麻糸
あまいと
flax yarn

麻糸の一種。アマ (亜麻) の茎を処理して繊維を採取しこれを紡績して得る。精紡工程は乾紡,潤紡の2つの方法があり,乾紡は普通の温度,湿度の状態で行うが,潤紡は粗糸を湯につけて繊維についているペクチン質ゴム質などを溶解させ,繊維を柔らかくしたのち紡績する。潤紡は乾紡に比べると歩どまりは劣るが,細手の糸を生産することができる。亜麻織物を製造するのに用いるほか畳糸,縫糸などに使う。原料アマは,日本では北海道が主産地であるが,需要をまかないきれず,ベルギー,旧ソ連地域などから輸入している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

あまいと【亜麻糸】

アマの繊維から紡いだ糸。高級ハンカチーフ用の極細糸から帆布・漁網用の太い糸まで作られる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

亜麻糸の関連キーワードセント・ヘレナ[島]ブッパータールバテンレースコプト織玉ラシャ麻工業リネン亜麻色帆布紙糸