交野少将(読み)かたのの しょうしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「交野少将」の解説

交野少将 かたのの-しょうしょう

物語の主人公
平安時代の「源氏物語」「落窪物語」「枕草子」に色好みの典型としてえがかれる。一方,鎌倉時代の「風葉和歌集」の「かたのの物語」は,鷹狩りの郡司長官の娘とちぎった中納言が娘をすて,自殺に追いやるというになっているが,両者の関係は不明。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「交野少将」の解説

かたののしょうしょう【交野少将】

平安中期の物語の主人公。《源氏物語》《落窪物語》では好色漢とされ,源英明交野中将の称があったともいう。一方,《風葉和歌集》所見の〈交野物語〉は,中納言なる人物が交野の鷹狩りが縁で大領の娘と契るが,以後訪れないため娘は投身自殺をはかるという筋で,《今昔物語集》に伝える高藤伝と似る。この〈交野物語〉と先の〈交野少将を主人公とした物語〉とが同一物かかが問題とされるが,起源を別にしながら2者をないまぜにした作品が存在したとの説が有力である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android