コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

交野少将 かたのの しょうしょう

2件 の用語解説(交野少将の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

交野少将 かたのの-しょうしょう

物語の主人公
平安時代の「源氏物語」「落窪物語」「枕草子」に色好みの典型としてえがかれる。一方,鎌倉時代の「風葉和歌集」の「かたのの物語」は,鷹狩りの縁で郡司の長官の娘とちぎった中納言が娘をすて,自殺に追いやるという筋になっているが,両者の関係は不明。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

かたののしょうしょう【交野少将】

平安中期の物語の主人公。《源氏物語》《落窪物語》では好色漢とされ,源英明に交野中将の称があったともいう。一方,《風葉和歌集》所見の〈交野物語〉は,中納言なる人物が交野の鷹狩りが縁で大領の娘と契るが,以後訪れないため娘は投身自殺をはかるという筋で,《今昔物語集》に伝える高藤伝説と似る。この〈交野物語〉と先の〈交野少将を主人公とした物語〉とが同一物か否かが問題とされるが,起源を別にしながら2者をないまぜにした作品が存在したとの説が有力である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

交野少将の関連キーワード葵の上擬古物語源氏物語玉の小櫛狭衣物語源氏の君源氏物語奥入源氏物語評釈湖月抄惟光古物語

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone