コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

享保金 キョウホウキン

2件 の用語解説(享保金の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きょうほう‐きん〔キヤウホウ‐〕【享保金】

江戸幕府の鋳造した、正徳5年(1715)から通用の小判・一分判、享保10年(1725)から通用の大判の3種の金貨の総称。元禄・宝永年間に鋳造された悪貨による悪影響を是正するために改鋳されたもので、慶長金とほぼ同品位。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きょうほうきん【享保金】

江戸幕府が享保年間に鋳造した、良質の大判金・小判金・一分判金の総称。金位は慶長金に同じく、久竹の極印がある。1736年まで発行した。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

享保金の関連キーワード代替執行召喚鑑定召喚マケドニア戦争スウェーデン中道右派12年ぶり政権交代世界銀行救命救急センター羽生結弦真岡鉄道

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone