コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

享保金 キョウホウキン

デジタル大辞泉の解説

きょうほう‐きん〔キヤウホウ‐〕【享保金】

江戸幕府の鋳造した、正徳5年(1715)から通用小判・一分判、享保10年(1725)から通用の大判の3種の金貨総称元禄・宝永年間に鋳造された悪貨による悪影響を是正するために改鋳されたもので、慶長金とほぼ同品位。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きょうほうきん【享保金】

江戸幕府が享保年間に鋳造した、良質の大判金・小判金・一分判金の総称。金位は慶長金に同じく、久竹の極印がある。1736年まで発行した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

享保金の関連キーワード慶長金銀正徳の治一分判金江戸幕府徳川吉宗正徳金銀元禄金銀元文金銀金位極印

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android