コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

砂壁 スナカベ

4件 の用語解説(砂壁の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

すな‐かべ【砂壁】

色砂などで上塗りをした壁。床の間などに用いる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リフォーム用語集の解説

砂壁

色砂を糊液で練った上塗りで、主として土壁に対して使用される。色砂は天然砂または砕石、あるいはそれらを着色ないし焼成したもののほか、金属粉、色ガラス粉、貝殻粉なども用いられる。

出典|リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

すなかべ【砂壁】

和風建築で、色砂を糊のりで練って上塗りし、仕上げた壁。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

砂壁
すなかべ

色砂(いろすな)を糊(のり)液で練った上塗りで、主として土壁(つちかべ)に対して使用される用語。色砂は天然砂または砕石、あるいはそれらを着色ないし焼成したもののほか、金属粉、色ガラス粉、貝殻粉なども用いられる。糊材には海藻(フノリ、ツノマタなど)の煮沸液、デンプン糊が古くから使用されているが、最近は合成樹脂を用いることもある。従来は色砂と糊液を現場で練り合わせていたが、現在では粉末糊をあらかじめ色砂と混合しておき、現場では水のみを加えれば練合せ可能な製品(繊維壁材)もある。土物砂壁に比し好みの色の出せる特徴はあるが、経年変化による糊の劣化がおこれば色砂は剥落(はくらく)する。この点、土物砂壁水ごねに比べれば耐久性ははるかに劣る。[山田幸一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

砂壁の関連キーワード色砂上塗り・上塗大津壁恥の上塗り花漆荒壁上塗溜め塗中塗花塗

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

砂壁の関連情報