コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京山恭安斎(初代) きょうやま きょうあんさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

京山恭安斎(初代) きょうやま-きょうあんさい

?-1890 明治時代の浪曲師。
紀伊(きい)和歌山藩医の子。京都で同郷の祭文(さいもん)語りや文句入り祭文語りと知りあい,明治初期に三味線の伴奏をつけた「浮連節(うかれぶし)」「ちょんがれ節」を考案。これが浪花節(浪曲)のはじまりといわれる。明治23年10月14日死去。本名は板原孫太郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

京山恭安斎(初代)の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android