コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京極秀詮 きょうごく ひであき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

京極秀詮 きょうごく-ひであき

?-1362 南北朝時代の武将。
京極秀綱(ひでつな)の長男。京極氏詮(うじあき)の兄。左衛門尉(さえもんのじょう)・検非違使(けびいし)。延文5=正平(しょうへい)15年祖父佐々木(京極)高氏(たかうじ)が摂津守護に就任すると,弟とともに摂津に派遣される。南朝方の楠木正儀(まさのり),和田(にぎた)正武らを摂津渡辺(大阪府)にむかえうち,康安2=正平17年8月22日伏兵にあって敗死した。通称は太郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

京極秀詮の関連キーワード佐々木秀詮南北朝時代京極秀綱

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android