コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京極氏詮 きょうごく うじあき

1件 の用語解説(京極氏詮の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

京極氏詮 きょうごく-うじあき

?-1362 南北朝時代の武将。
京極秀綱(ひでつな)の子。京極秀詮(ひであき)の弟。延文5=正平(しょうへい)15年祖父佐々木(京極)高氏(たかうじ)が摂津守護に就任すると,兄とともに摂津に派遣される。南朝方の楠木正儀(まさのり),和田(にぎた)正武らを摂津渡辺(大阪府)にむかえうち,康安2=正平17年8月22日伏兵にあって敗死した。通称は近江九郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

京極氏詮の関連キーワード正平貞治東大寺の東塔康安資治通鑑貞治勅撰作者部類鳥居峠真実物語河海抄

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone