コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京極氏詮 きょうごく うじあき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

京極氏詮 きょうごく-うじあき

?-1362 南北朝時代の武将。
京極秀綱(ひでつな)の子。京極秀詮(ひであき)の弟。延文5=正平(しょうへい)15年祖父佐々木(京極)高氏(たかうじ)が摂津守護に就任すると,兄とともに摂津に派遣される。南朝方の楠木正儀(まさのり),和田(にぎた)正武らを摂津渡辺(大阪府)にむかえうち,康安2=正平17年8月22日伏兵にあって敗死した。通称は近江九郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

京極氏詮の関連キーワード南北朝時代佐々木氏詮京極秀綱

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android