コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京極高数 きょうごく たかかず

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

京極高数 きょうごく-たかかず

?-1441 室町時代の武将。
京極高詮(たかのり)の次男。兄高光,甥(おい)持高(もちたか)の2代にわたって京極家惣領(そうりょう)を補佐し,持高の死後家督をつぎ近江(おうみ)半国,飛騨(ひだ),出雲(いずも),隠岐(おき)の守護となる。嘉吉(かきつ)元年6月24日将軍足利義教(よしのり)とともに赤松満祐(みつすけ)邸で討ち死にした(嘉吉の乱)。通称は三郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

京極高数

没年:嘉吉1.6.24(1441.7.12)
生年:永和2/天授2(1376)
南北朝・室町時代の守護大名。高詮の第2子で,高光の弟。病弱の兄高光の代行をよく務め,高光死没後はその子持高(持光)が幼少のため,後見人となった。しかし永享11(1439)年に持高が嫡子のないまま早世すると,その弟持清がいたにもかかわらず,高数が家督を相続。これは将軍家の意向によるものであった。京極家累代の出雲,隠岐,飛騨の各国守護および侍所頭人を務めた。<参考文献>『東浅井郡志』1巻

(宇野日出生)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

京極高数の関連キーワード姉小路尹綱佐々木持清京極高詮

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android