京洛(読み)けいらく

精選版 日本国語大辞典「京洛」の解説

けい‐らく【京洛】

[1] (「京」はみやこ、「洛」は中国の地名洛陽(らくよう)のこと。周および後漢の時代に洛陽にみやこが置かれたところから) 洛陽の別称。
※和漢朗詠(1018頃)下「昔は京洛声華とはなやかなる客たり、今は江湖の潦倒とおちぶれたる翁となりたり〈白居易〉」 〔陸機‐擬東城一何高詩〕
[2] みやこ。特に京都をさしていう。きょうらく。〔運歩色葉(1548)〕

きょう‐らく キャウ‥【京洛】

〘名〙 みやこ。特に京都。京師。
※今昔(1120頃か)一二「此に依て、京洛に出でて経を読むに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android