京紅(読み)きょうべに

精選版 日本国語大辞典「京紅」の解説

きょう‐べに キャウ‥【京紅】

〘名〙
① 京都特産の口紅。また、そのような色。上品な色とされた。
※ごりがん(1920)〈上司小剣〉二「其の水引には京紅(キャウベニ)が濃く塗ってあるので」
② 絹織物の一つ。京都で染めた紅絹(もみ)をいう。
※随筆・守貞漫稿(1837‐53)一七「専ら西陣と云所にて織之。又水性清潔なるが故に染物に宜しく特に京紅と称して紅染は最上とす」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android