コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京都町代 きょうとちょうだい

2件 の用語解説(京都町代の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

京都町代
きょうとちょうだい

江戸時代の京都町役人で,町年寄とともに町民を代表した。元来は町年寄代理人で,町々から選出され,12人を数えた。世襲となってからは町年寄をしのぐ勢力をもつようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

京都町代
きょうとちょうだい

江戸時代、京都の町役人。16世紀末にはその呼称がみえ、町組の実力者かと推測されるが、17世紀後半には京都町奉行所(ぶぎょうしょ)の下級役人化して町触(まちぶれ)の伝達、上申事項などの取り次ぎをするうち勢威を強め、町組の年寄にかわる統率者のようになった。町代の持場は町組を単位としたが、1人で複数の町組を担当するものもあり、京都全体では常時10余名を数えた。寛文(かんぶん)年間(1661~73)ころから世襲制となり苗字(みょうじ)を名のり、町組との結び付きも固定化したという。しかし、中期以降町組との軋轢(あつれき)が激化し、文化(ぶんか)(1804~18)末年には大訴訟事件を引き起こした。[鎌田道隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone