コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亮賢 りょうけん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

亮賢 りょうけん

1611-1687 江戸時代前期の僧。
慶長16年生まれ。真言宗大和(奈良県)長谷(はせ)寺の尊慶に師事。5代将軍徳川綱吉の母桂昌院帰依(きえ)をうけ,延宝9年江戸に護国寺を創建し,開山(かいさん)となった。貞享(じょうきょう)4年3月7日死去。77歳。上野(こうずけ)(群馬県)出身。俗姓須藤

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の亮賢の言及

【護国寺】より

…山号は神齢山。5代将軍綱吉の生母桂昌院の帰依を受けた亮賢僧正を開山とし,1681年(天和1)に創建された。亮賢は上野国八幡別当大聖護国寺の住持で,綱吉の安産を祈って験があったといわれる。…

※「亮賢」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

亮賢の関連キーワード天文学史(年表)井原西鶴インノケンティウス[11世]岡清兵衛ゴルコンダ王国ド・コットトリアノンフォントネルヨーゼフ1世怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

亮賢の関連情報