コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亮賢 りょうけん

1件 の用語解説(亮賢の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

亮賢 りょうけん

1611-1687 江戸時代前期の僧。
慶長16年生まれ。真言宗。大和(奈良県)長谷(はせ)寺の尊慶に師事。5代将軍徳川綱吉の母桂昌院の帰依(きえ)をうけ,延宝9年江戸に護国寺を創建し,開山(かいさん)となった。貞享(じょうきょう)4年3月7日死去。77歳。上野(こうずけ)(群馬県)出身。俗姓は須藤。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の亮賢の言及

【護国寺】より

…山号は神齢山。5代将軍綱吉の生母桂昌院の帰依を受けた亮賢僧正を開山とし,1681年(天和1)に創建された。亮賢は上野国八幡別当大聖護国寺の住持で,綱吉の安産を祈って験があったといわれる。…

※「亮賢」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

亮賢の関連キーワード岡清兵衛北島見信弘前藩由良国繁後水尾天皇グンゼパルテノン神殿政府の途上国援助(ODA)サンマ水揚げ量笈の小文

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

亮賢の関連情報