人種差別反対世界会議(読み)ジンシュサベツハンタイセカイカイギ

デジタル大辞泉の解説

じんしゅさべつはんたい‐せかいかいぎ〔‐セカイクワイギ〕【人種差別反対世界会議】

「人種主義、人種差別、外国人排斥及び関連する不寛容に反対する世界会議」の略称人種差別撤廃条約の実効性を確保するために国連が主催する国際会議。人種差別に反対する世界会議
[補説]2001年に南アフリカダーバンで開催された同会議で、奴隷制植民地主義を人道に対する罪と認識し、人種差別・外国人排斥の撲滅を中心に移民・先住民・宗教・貧困・人身取引など幅広い問題に言及した「ダーバン宣言および行動計画」を採択。その履行状況を確認する目的で2009年にスイスジュネーブで開催された会議は、パレスチナ問題をめぐる中東諸国とEU諸国の認識の違いなどにより紛糾した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android