コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人見一太郎 ひとみ いちたろう

2件 の用語解説(人見一太郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

人見一太郎 ひとみ-いちたろう

1865-1924 明治時代の評論家,実業家。
慶応元年11月11日生まれ。徳富蘇峰(そほう)の大江義塾にまなぶ。以後蘇峰をたすけ,民友社,国民新聞社で活躍する。日清戦争後退社,渡仏し,博覧会で日本を紹介。のち実業界に転じ,台湾などで事業をおこなった。大正13年9月29日死去。60歳。肥後(熊本県)出身。熊本師範卒。号は呑牛。評論に「第二之維新」,訳書にブライス「平民政治」など。
【格言など】立派な口実は人を欺くことが出来る,併し己れの良心を欺くことは出来ない(「明治の天下」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

人見一太郎

没年:大正13.9.29(1924)
生年:慶応1.11.11(1865.12.28)
明治時代ジャーナリスト。肥後国(熊本県)の農家に順造,積世の子として生まれる。明治17(1884)年徳富蘇峰大江義塾に入塾し,以後蘇峰に従う。20年民友社が設立されると『国民之友』の編纂人となり,23年創刊の『国民新聞』の論説記者としても活躍した。主な著書に薩長藩閥政府を攻撃した『第二之維新』(1893),条約改正問題を扱った『国民的大問題』(1893)などがある。蘇峰の外遊中(1896~97)は後事を託されたが,蘇峰の帰国後まもなく退社。渡仏し,その経験を『欧州見聞録』(1901)に著した。36年実業界に転じ,製糖業に従事した。<著作>柳田泉編『民友社文学全集』(明治文学全集36巻)

(小宮一夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の人見一太郎の言及

【アメリカン・コモンウェルス】より

…ブライスは長く自由党所属の下院議員であったが,1907年より13年までアメリカ大使をつとめた。なお,原書の刊行直後に人見一太郎により《平民政治》25冊(1889‐91)として完訳が刊行されている。【斎藤 眞】。…

【明治維新】より

…民権運動が目標とした国会開設の原点は五ヵ条の誓文に代表される〈維新の精神〉に求められ,明治藩閥政府はそれを忘却したと攻撃されたのである。これは明治20年代前半の民友社の平民主義の主張にもうけつがれ,徳富蘇峰,人見一太郎,竹越与三郎(三叉(さんさ))らの主張に代表された。彼らは〈維新の精神〉こそが原点であって,今の政府は〈維新大革命の血脈に背くもの〉で,決して正統なあとつぎではない,と批判した。…

※「人見一太郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

人見一太郎の関連キーワード国際ジャーナリスト機構国際ジャーナリスト連盟ビデオジャーナリストジャーナリスティックジャーナリストフォトジャーナリストフォトジャーナリズムスポーツジャーナリスト小林雄一酒井寅吉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone