コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人間の科学 にんげんのかがくscience of man

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

人間の科学
にんげんのかがく
science of man

科学的な方法で人間存在を実証的,経験的,全体的に把握しようとする考え方。特に第2次世界大戦後のアメリカにおいて社会学,文化人類学,心理学が中心になり,経済学,歴史学などの隣接諸科学と協力して人間や社会を総合的に研究しようとする動きが高まった。 R.リントンは『世界危機における人間科学』 The Science of Man in the World Crisis (1945) のなかでその構想を提唱した。また,より古くはサン=シモンの「人間科学」から A.コントの「社会学」にいたる系譜がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

人間の科学の関連キーワードリップマン(Walter Lippmann)カーマスートラ大友 柳太朗科学的管理法若山 富三郎イデオロギー片岡 千恵蔵社会思想史南田 洋子宮口 精二杉 靖三郎自然人類学有島 一郎増谷 文雄内海 好江笠 智衆環境問題社会科学宗教学下町

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

人間の科学の関連情報