コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岸本英夫 きしもとひでお

4件 の用語解説(岸本英夫の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岸本英夫
きしもとひでお

[生]1903.6.27. 兵庫,明石
[没]1964.1.25. 東京
宗教学者。父は明治・大正期の宗教学者であった岸本能武太。 1926年東京帝国大学を卒業したのち,30年ハーバード大学に留学。宗教心理学を学ぶかたわらインドの神秘思想ヨーガの研究を行い,31~34年同大学日本学科講師となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岸本英夫 きしもと-ひでお

1903-1964 昭和時代の宗教学者。
明治36年6月27日生まれ。岸本能武太(のぶた)の次男。昭和5年渡米し,ハーバード大で宗教心理学をまなぶ。22年東大教授。宗教神秘主義,修験(しゅげん)道などを研究し,日米間の学術交流につとめた。昭和39年1月25日死去。60歳。兵庫県出身。東京帝大卒。著作に「宗教学」,闘病記に「死をみつめる心」。
【格言など】死を前にして大いに生きるということが,私の新しい出発になった(「わが生死観」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

きしもとひでお【岸本英夫】

1903~1964) 宗教学者。兵庫県生まれ。東大教授。比較宗教学を開拓し、方法論の確立に努めた。著「宗教学」「死を見つめる心」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岸本英夫
きしもとひでお
(1903―1964)

宗教学者。日本における比較宗教学の開拓者の一人岸本能武太(のぶた)の次男として、兵庫県に生まれる。東京帝国大学文学部で姉崎正治(あねさきまさはる)に学ぶ。1930年(昭和5)アメリカに留学し、のち東京大学文学部教授となる。神秘主義の修行を宗教心理学から解明しようとし、インドのヨーガ、日本の修験道(しゅげんどう)を研究。さらに経験科学としての宗教学方法論の確立に努め、それは晩年の『宗教学』(1961)に示されている。また書斎の学者にとどまらず、柔軟な構想力と旺盛(おうせい)な行動力で、アメリカ占領下の宗教行政や国際的文化交流、大学図書館の近代化などの事業に献身した。晩年は癌(がん)に冒されながらも研究を続け、その間の心の動揺と安定を率直に述べた文章を発表し、人々に感動を与えた。『死をみつめる心』(1964)にそれらを収める。[柳川啓一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岸本英夫の関連キーワード宇野円空教学ティーレ堀一郎赤松智城石津照璽小口偉一佐木秋夫増谷文雄村上重良

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone