コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人間悟性論 にんげんごせいろん An Essay Concerning Human Understanding

1件 の用語解説(人間悟性論の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

人間悟性論
にんげんごせいろん
An Essay Concerning Human Understanding

イギリスの哲学者 J.ロックの著書。 20年間にわたってまとめられ,1690年刊。「生得観念について」「観念について」「言語について」「知識について」の全4巻から成る。この書は近世認識論の発端をなし,G.バークリー,D.ヒュームなどに引継がれ,また心理学,宗教論ではイギリスフランス啓蒙主義に多大な影響を与えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人間悟性論の関連キーワードイギリス経験論衣装哲学ケアードティモンイギリス巻イギリス・バロック管弦楽団タックスマン日本イギリス哲学会ロック・ザ・カスバ太田可夫

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone