コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人類の共同財産 じんるいのきょうどうざいさんcommon heritage of mankind

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

人類の共同財産
じんるいのきょうどうざいさん
common heritage of mankind

1970年の国連総会で決議された概念で,特定の空間や資源は人類に共通した財産であるとしたもの。特に深海底とその資源を人類の共同遺産とし,いかなる国による領有,競争的使用の対象ともされてはならず,そこでの探査・開発は国連憲章原則と目的に従って行われるべきこと,また新しい深海底資源のための国際制度と国際機関が設立されるべきことが強調された。この原則はその後,月協定 (79年) ,国連海洋法条約 (82年) に適用されているが,おもに発展途上国によって主張されるなど政治色も強く,具体的内容をめぐっては各国の立場も分れている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android