橋本忍(読み)はしもと しのぶ

  • 1918―2018
  • はしもとしのぶ
  • 橋本忍 はしもと-しのぶ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1918- 昭和後期-平成時代の脚本家。
大正7年4月18日生まれ。伊丹万作師事。昭和25年「羅生門」が黒沢明監督にみとめられ,映画化第1作となる。以後生きる」「七人の侍」など初期黒沢作品を共同執筆。ほかに「切腹」「砂の器」「八甲田山」など多数。テレビ作品「私は貝になりたい」はのち映画化され,監督もつとめた。兵庫県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

デジタル大辞泉の解説

[1918~2018]脚本家。兵庫の生まれ。黒沢明監督の映画「羅生門」の脚本を黒沢と共同で手がけてデビュー。以後も「生きる」「七人の侍」などの黒沢作品に共同脚本で参加。テレビドラマ「私はになりたい」の脚本を手がけると、同作の映画化では自ら監督も務めた。他の脚本作品に「」「切腹」「日本のいちばん長い日」「白い巨塔」などがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シナリオ作家。兵庫県に生まれる。軍隊で結核にかかり、闘病中にシナリオに興味をもち、伊丹万作(いたみまんさく)に師事。伊丹の死後、その助監督佐伯清(さえききよし)(1914―2002)の紹介で黒澤明を知り、芥川龍之介(あくたがわりゅうのすけ)の『藪(やぶ)の中』をもとに『羅生門』を執筆、1950年(昭和25)黒澤によって映画化され、ベネチア国際映画祭でグランプリを受賞した。以後『生きる』(1952)、『七人の侍』(1954)など黒澤作品の共同執筆者となる。1956年『真昼の暗黒』で社会派として注目され、1958年には『張込み』『夜の鼓』、テレビドラマ『私は貝になりたい』(翌1959年自ら監督で映画化)を執筆、その後も『切腹』(1962)、『白い巨塔』(1966)、『砂の器』(1974)、『八甲田山』(1977)など重厚な脚本を提示した。2000年(平成12)3月、兵庫県神崎(かんざき)郡市川町の市川町文化センターに橋本忍記念館が開館した。

[千葉伸夫 2018年8月21日]

『橋本忍著『私は貝になりたい』(1959・現代社)』『橋本忍著『悪の紋章』(1967・講談社)』『橋本忍著『独裁者のラブレター』(1969・講談社)』『橋本忍著『シナリオ人間革命』(1973・潮出版社)』『橋本忍著『映画「八甲田山」の世界』(1977・映人社)』『橋本忍著『幻の湖』(1980・集英社)』『橋本忍・シナリオ作家協会著『橋本忍人とシナリオ』(1994・シナリオ作家協会)』『橋本忍著『戦国鉄砲商人伝』(集英社文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の橋本忍の言及

【生きる】より

…ここまでがいわば導入部で,その後約2/3は主人公の通夜のシーンとなり,市役所の同僚たちを中心とした周辺の人々の回想(それも《羅生門》(1950)のようにきわめて主観的な回想)を重ねることによって,あらためて主人公の生き方が浮かび上がり,甘いセンチメンタルなヒューマニズム映画と思われた前半の部分が,〈生きる〉ことの意味を命がけで追究し証明した1人の人間の気高い物語に変貌していくとともに(雪の降る児童公園で1人ブランコに乗りながら《ゴンドラの唄》を口ずさんで死んでいく主人公のイメージがしだいに画面を圧倒する),周辺の人間たちの卑小さがグロテスクに浮かび上がるという典型的な黒沢的構図と逆転劇に似た映画的構成になっている。なお,複数のライターに同一シーンを競作させるという黒沢作品独自の脚本の集団創作は,この映画(黒沢明,橋本忍,小国英雄共同脚本)から始まった。【柏倉 昌美】。…

※「橋本忍」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

マスターズトーナメント

1934年 B.ジョーンズと A.マッケンジーにより創設されたゴルフトーナメント。毎年4月第2週にジョージア州オーガスタのナショナルコースで行なわれ,「マスターズを制する者は世界を制する」といわれるほ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android