毛利菊枝(読み)もうり きくえ

  • 毛利菊枝 もうり-きくえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1903-2001 昭和-平成時代の女優。
明治36年11月3日生まれ。大正14年新劇研究所にはいり岸田国士(くにお)に師事。昭和4年喜劇座「御意に任せて」で舞台デビュー。21年京都で毛利菊枝演劇研究所を設立,23年くるみ座と改称した。代表作に「肝っ玉おっ母とその子供たち」,映画「ぼんち」などがあり,テレビでも活躍。平成13年8月20日死去。97歳。群馬県出身。本名は森キク。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ヘイトスピーチ

「憎悪にもとづく発言」の一形態。匿名化され、インターネットなどの世界で発信されることが多い。定義は固まっていないが、主に人種、国籍、思想、性別、障害、職業、外見など、個人や集団が抱える欠点と思われるも...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android