コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今ひとたびの

1件 の用語解説(今ひとたびのの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

今ひとたびの

1947年公開の日本映画。監督:五所平之助、原作:高見順、脚色:植草圭之助、撮影:三浦光雄、美術:松山崇。出演:龍崎一郎、高峰三枝子河野秋武、北沢彪、田中春男、谷間小百合、清川玉枝ほか。第2回毎日映画コンクール日本映画大賞、撮影賞、美術賞受賞。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今ひとたびのの関連キーワード煙突の見える場所首の座愛と死の谷間OUT女と味噌汁黄色いからす白い手鶏はふたたび鳴く螢火わかれ雲

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

今ひとたびのの関連情報