今井 康子(読み)イマイ ヤスコ

20世紀日本人名事典の解説

今井 康子
イマイ ヤスコ

昭和期の歌人



生年
明治25(1892)年11月8日

没年
昭和53(1978)年3月25日

出生地
鳥取県米子市

別名
号=葵明

学歴〔年〕
米子高等女学校卒

経歴
鳥取県米子の書店今井郁文堂の店主・今井兼文の長女。米子高等女学校を卒業後、竹柏会を主宰する歌人・佐々木信綱に入門し、「心の花」の同人として活躍。のち、斉藤瀏の「短歌人」や斉藤史の「原型」といった短歌雑誌に拠り、作歌を続けた。また、岡村葵園上村松園といった日本画家に師事して絵画を嗜み、茶道や謡曲にも通じるなど多趣味で知られた。歌集に「麓」「裾野原」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android