コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今井嘉幸 いまい よしゆき

3件 の用語解説(今井嘉幸の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

今井嘉幸

政治家。愛媛県生。東大卒。東京地裁判事在任中に中国政府に招かれ、天津北洋法政学堂教習となり吉野作造と相知る。帰国し、法学博士の学位を受け弁護士を開業。大正6年に普通選挙を公約し大阪市から衆院議員に当選。以後、議会内外で活躍。著書に『支那国際法』『普選を中心として』等がある。昭和26年(1951)歿、73才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

今井嘉幸 いまい-よしゆき

1878-1951 大正-昭和時代前期の政治家。
明治11年5月25日生まれ。弁護士をへて大正6年普通選挙を公約に衆議院議員に当選。11年西日本普選大連合を組織し,普選実施後は関西民衆党をつくる。昭和17年翼賛選挙で再選された。昭和26年6月30日死去。73歳。愛媛県出身。東京帝大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

いまいよしゆき【今井嘉幸】

1878‐1951(明治11‐昭和26)
普選運動家。愛媛県出身。東京帝大法科大学卒業後,東京地方裁判所判事。1907年,中国政府に招かれ北洋法政学堂の司法制度教授をつとめ,14年に帰国。その後,雲南軍政府(昆明)の軍務顧問となり,普選運動の報により帰国し17年普選を公約に代議士に当選。その後,弁護士として西日本普選大連合を組織した。42年翼賛政治団体の推薦議員。著書に《支那国際法私論》(1915),《民法学通論》(1916)がある。【金原 左門】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今井嘉幸の関連キーワード佐藤義亮片山カズ木見金治郎斎藤常三郎進藤信義原口亮平豊時義溝口直亮

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone