コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今井晦堂 いまい かいどう

1件 の用語解説(今井晦堂の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

今井晦堂 いまい-かいどう

1830-1877 幕末-明治時代の儒者。
天保(てんぽう)元年生まれ。古賀茶渓(さけい)にまなぶ。下野(しもつけ)(栃木県)足利(あしかが)藩につかえ,藩政に参与。維新後,設立された藩校求道館の教頭をつとめる。のち栃木県佐野の朝日森天満宮の神職となった。明治10年11月2日死去。48歳。出羽米沢(山形県)出身。名は潜(ひそむ)。字(あざな)は子竜。通称は才次郎。著作に「復古起原」「喫豆茶話」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今井晦堂の関連キーワード民衆を導く自由の女神アメリカ美術シャルル赤と黒お蔭参り七月革命歌川広重(初代)大塩平八郎天童藩強制栽培制度

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone