コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今井柳荘 いまい りゅうそう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

今井柳荘 いまい-りゅうそう

1751-1811 江戸時代中期-後期の俳人。
宝暦元年生まれ。信濃(しなの)(長野県)善光寺の代官。大島蓼太(りょうた)に師事。小林一茶とも交流があった。また和歌を慈延,詩文を冢田(つかだ)大峯,皆川淇園(きえん)にまなんだ。文化8年10月2日死去。61歳。名は成章。字(あざな)は叔達。通称は磯右衛門。別号に鴎翁,古松亭,市中庵。編著に「水薦苅(みすずかり)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今井柳荘の関連キーワード柳荘

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android