コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今出河院 いまでがわいん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

今出河院 いまでがわいん

1253-1318 鎌倉時代,亀山(かめやま)天皇の中宮(ちゅうぐう)。
建長5年生まれ。西園寺公相(きんすけ)の娘。弘長(こうちょう)元年叔母の大宮院(亀山天皇の生母)の猶子(ゆうし)として宮中にはいる。文永5年院号をゆるされる。弘安(こうあん)6年出家した。文保(ぶんぽ)2年4月25日死去。66歳。名は嬉子。法名は仏性覚。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

今出河院

没年:文保2.4.25(1318.5.26)
生年:建長4(1252)
鎌倉後期の女院。亀山天皇の皇后。名は嬉子。太政大臣西園寺公相の娘。伯母で亀山の母の大宮院の猶子。弘長1(1261)年8月中宮となったが,亀山は同年2月中宮となり8月皇后宮となったもうひとりの后である佶子(洞院実雄の娘京極院,後宇多天皇の母)を寵愛し,嬉子に対する愛情は薄かった。文永5(1268)年院号宣下。

(秋山喜代子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今出河院の関連キーワード今出河院近衛

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android