コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

介護保険の対象拡大 かいごほけんのたいしょうかくだい

1件 の用語解説(介護保険の対象拡大の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

介護保険の対象拡大

介護保険の保険料を払う被保険者サービスを受ける受給者の対象年齢を引き下げること。介護の普遍化、介護の一元化などともいう。現在、介護保険の保険料は40歳以上の人が払っているが、これを例えば20歳以上にするなど若い人からも負担を求め、一方、介護サービスは65歳以上の高齢者となっているが、これを障害者や難病者など若年で介護を必要とする人たちにも拡大しようという構想。介護保険の創設当初から議論があり、障害者福祉で導入された支援費制度が行き詰まったこともあって検討された。2005年の介護保険の見直しでは、若者への保険料負担の拡大などで抵抗が強く、介護保険法改正には法律の附則で、09年度をめどに所要の措置を講じる、とされた。

(梶本章 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

介護保険の対象拡大の関連キーワード社会保険料単生保険介護保険介護保険法介護保険制度介護保険施設損害保険料記名被保険者生命保険契約生命保険の保険料

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone