介護保険の対象拡大(読み)かいごほけんのたいしょうかくだい

知恵蔵の解説

介護保険の対象拡大

介護保険の保険料を払う被保険者とサービスを受ける受給者の対象年齢を引き下げること。介護の普遍化、介護の一元化などともいう。現在、介護保険の保険料は40歳以上の人が払っているが、これを例えば20歳以上にするなど若い人からも負担を求め、一方、介護サービスは65歳以上の高齢者となっているが、これを障害者や難病者など若年で介護を必要とする人たちにも拡大しようという構想。介護保険の創設当初から議論があり、障害者福祉で導入された支援費制度が行き詰まったこともあって検討された。2005年の介護保険の見直しでは、若者への保険料負担の拡大などで抵抗が強く、介護保険法改正には法律の附則で、09年度をめどに所要の措置を講じる、とされた。

(梶本章 朝日新聞記者 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android