コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

介護支援専門員 かいごしえんせんもんいん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

介護支援専門員
かいごしえんせんもんいん

介護保険制度(→介護保険法)においてケアマネージメントを行なう専門職ケアマネージャーともいう。居宅介護支援事業所(ケアマネージメント事業所)や介護保険施設などに所属し,介護や支援を必要とする者が適切なサービスを受けられるよう,要介護認定の代行・訪問調査,介護サービス計画ケアプラン)の作成からサービス実施状況の把握,費用や利用者負担分の給付管理などを一括して行なう。都道府県が実施する介護支援専門員実務研修受講試験に合格後,実務研修を受講し,研修修了証の発行をもって資格取得となる。受験資格として医療・保健・福祉分野での専門職実務経験 5年以上などが必要とされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

知恵蔵の解説

介護支援専門員

介護保険利用者の相談に応じて、介護サービス計画(ケアプラン)を作る専門職。事業者や市区町村と連絡を取りながら、サービス利用を手助けする。市区町村から委託され、要介護認定のための認定調査も行う。質の向上を図るため、2006年度から、資格が5年ごとの更新制となった。また、新たに主任ケアマネジャーの資格が創設された。ケアプラン作成の報酬は要介護度別に設定され、1人当たりの受け持ち数が多くならないように工夫された。

(梶本章 朝日新聞記者 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

かいごしえん‐せんもんいん〔カイゴシヱンセンモンヰン〕【介護支援専門員】

介護保険法に基づいて定められたケアマネージメントの専門職。介護保険要介護認定で要支援・要介護と認定された人が適切なサービスを受け、自立した日常生活を送れるように、ケアプランを作成したり、自治体・各種サービス事業者・介護保険施設との間で連絡調整を行う。居宅介護支援事業所・介護保険施設地域包括支援センターなどに勤務する。各都道府県が実施する介護支援専門員実務研修受講試験に合格し、実務研修を修了後、資格登録簿に登録され、専門員証が交付される。5年ごとに研修を受けて登録を更新することが義務づけられている。ケアマネージャー。ケアマネ。→主任介護支援専門員

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かいごしえんせんもんいん【介護支援専門員】

介護保険制度で、要介護認定のための訪問調査やケア-プラン作りなどを行う専門職。都道府県が行う資格試験の合格後、研修を受けて資格認定がなされる。受験資格は介護や医療等の実務経験者。ケア-マネージャー。 → 介護保険

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

介護支援専門員
かいごしえんせんもんいん

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

介護支援専門員の関連キーワード社会福祉振興・試験センター主任ケアマネージャー認定ケアマネージャーホームヘルパー介護保険制度ケア・プランみなし公務員

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

介護支援専門員の関連情報