コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

要介護認定 ようかいごにんてい

知恵蔵の解説

要介護認定

介護保険からサービスを受けるために、利用者について介護を必要とする状態であるかどうかを判定すること。利用者本人、または家族らが市区町村に申請し、それを受けて市区町村職員や、委託を受けた調査担当者が訪問、本人や家族から聞き取りをする。その調査結果に基づき、コンピューターによる第一次判定を行う。さらに主治医の意見書と併せて、市区町村の介護認定審査会で最終判定(第二次判定)する。在宅サービスでは要介護度が高いほど、利用できるサービスの限度額が大きい。要支援1から2の場合は、筋力トレーニングや栄養改善などの新予防給付(介護予防)を受ける。介護の必要がなく「非該当」と判断されれば、サービスは受けられないが、地域支援事業(介護予防)が利用できる。

(梶本章 朝日新聞記者 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

要介護認定

2000年度に導入された介護保険制度に基づき、低い方から要支援1~2と要介護1~5の7段階に分けられる。各段階ごとに、使えるサービスの上限額が決められている。利用者が窓口となる市区町村に申請した後、訪問調査や医師の意見などを参考に、市区町村が設置する介護認定審査会で判定される。認定されると必要度や費用に応じてホームヘルパーなどの介護サービスが受けられる。要介護度が高いと認定された人ほど受けられる上限額は高くなる。限度額を超えた分は自己負担となる。

(2017-09-29 朝日新聞 朝刊 群馬全県・2地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

ようかいご‐にんてい〔エウカイゴ‐〕【要介護認定】

介護保険制度で、寝たきりや認知症等で常時介護を必要とする状態(要介護状態)にあるかどうか、またその程度を判定すること。
1要支援認定を総称した要介護等認定のこと。「要支援」とは、家事や身支度等の日常生活に支援が必要になった状態のことで、要介護よりは軽度の状態を指す。
[補説]要介護認定・要支援認定は、被保険者からの申請を受けて、保険者である地区町村の介護認定審査会が行う。判定は、国が定める認定基準に基づいて行われる。「要支援1・2」「要介護1~5」の7段階で認定され、「要介護5」が最も介護を要する。自立とみなされる場合は「非該当」と判定される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

要介護認定の関連キーワードサービス付き高齢者向け住宅定期巡回随時対応サービス介護保険サービスの見直し認知症患者の療養場所介護保険被保険者証韓国の介護保険制度公的介護保険制度介護サービス計画避難行動要支援者介護予防サービス介護保険サービスケアマネジャー現物給付型保険介護支援専門員ヘルパー不足療養型病床群待機老人問題要介護高齢者ケアプラン老人ホーム

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

要介護認定の関連情報