介護給付(読み)カイゴキュウフ

デジタル大辞泉の解説

かいご‐きゅうふ〔‐キフフ〕【介護給付】

平成12年(2000)に始まった介護保険制度で要介護状態と認定された被保険者に提供される介護サービス、介護に関わる費用の支給のこと。5段階の給付区分があり、訪問介護・訪問入浴・訪問リハビリテーション・訪問看護などの居宅サービスや、介護保険施設を利用した施設サービス、市区町村が行う地域密着型サービスなどが受けられる。→予防給付
通勤災害に対して給付される労災保険の一。障害年金または傷病年金の受給者のうち、重度の精神神経障害・胸腹部臓器障害があり、介護を受けている場合に支給される。業務災害の場合は介護補償給付という。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かいごきゅうふ【介護給付】

介護保険制度で、要介護認定を受けた被保険者になされる在宅介護や施設介護などのサービスのこと。 → 予防給付

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

介護給付の関連情報