コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

訪問介護 ホウモンカイゴ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

訪問介護
ほうもんかいご

在宅で介護を必要とする高齢者の居住地にホームヘルパーなどの訪問介護員を派遣して、日常生活の支援を行うことを目的とする在宅サービス事業。かつてはホームヘルプサービスとよばれていたものが、2000年(平成12)の介護保険制度の導入により名称が変更され、介護保険法に定める居宅サービス(都道府県が事業者の指定・監督を行う)の一つに位置づけられたものである。要介護認定の区分に応じたサービスが提供される。
 サービスには身体介護や生活援助サービスがある。身体介護は利用者の身体に直接触れて行う介助サービスで、食事の介助、入浴や排泄(はいせつ)の介助および清拭(せいしき)、洗顔や洗髪あるいは歯みがきなどの身体整容、衣服の着脱の介助、体位変換や移動の介助、さらには服薬介助などが含まれる。生活援助サービスには調理や洗濯あるいは掃除などの家事、さらには買い物など日常生活上の世話が含まれる。ほかに生活上の相談にも対処し、必要に応じて助言も行う。
 なお、介護保険法で規定される居宅サービスは訪問介護のほかに、訪問看護や訪問リハビリテーションおよび居宅療養管理指導、通所介護および通所リハビリテーション、短期入所生活介護および短期入所生活療養介護、特定施設入居者生活介護、さらには福祉用具貸与や特定福祉用具販売など計13のサービスがある。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

訪問介護の関連キーワードジャパンケアサービスグループロングライフホールディングセントケア・ホールディングメディカル・ケア・サービス介護保険改革(2005年)アビリティーズ・ケアネット定期巡回随時対応サービス介護保険サービスの見直しhome helper要支援サービスの見直し地域密着型サービス介護職員初任者研修介護保険制度の改定介護サービス計画介護保険サービス居宅介護サービスコムスン不正問題N・フィールドアースサポート介護保険の現況

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

訪問介護の関連情報