他人の疝気を頭痛に病む(読み)たにんのせんきをずつうにやむ

ことわざを知る辞典「他人の疝気を頭痛に病む」の解説

他人の疝気を頭痛に病む

自分に直接関係ないことを、あれこれ気にむ。人ごとなのに、むだな心配をする。

[使用例] 自分の懐中とすこしの関係もないのだが、他人疝気頭痛に病む型の人間は意外に多い[井上ひさし吉里吉里人|1981]

[解説] 「疝気」は、漢方で広く下腹の痛みを指し、俗に男の病とされました。かかわりのない他人のことをいたずらに心配することを皮肉に評していいます。

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「他人の疝気を頭痛に病む」の解説

たにん【他人】 の 疝気(せんき)を頭痛(ずつう)に病(や)

自分になんの関係もないことに、よけいな心配をすることのたとえ。
※呑気族(1936)〈獅子文六〉四「人の心は剃刀の如く磨き澄まされて、一層他人(タニン)の疝気(センキ)を頭痛(ヅツウ)に病(ヤ)むといふのが、この句の大意である」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「他人の疝気を頭痛に病む」の解説

他人たにん疝気せんき頭痛ずつう

自分に関係のない物事で心配をすることのたとえ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android