コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

付(け)下げ ツケサゲ

百科事典マイペディアの解説

付下げ【つけさげ】

女物の着物の模様配置の一種,またそのように模様をつけた着物もいう。反物のままで袖(そで),身ごろ,衿(えり)などの部分をあらかじめ測り,仕立てた場合に模様が全部上向きになるように染めたもの。裾(すそ)模様に次ぐ格式があり,比較的広範囲に着られる。
→関連項目訪問着

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

つけさげ【付下げ】

女物の長着などに用いられる柄づけ。仕立て上がったとき,前後とも柄が上を向くように計算してつける。元来,長着の上前の(おくみ)付だけ柄が合う絵羽模様の簡略化されたものであったが,しだいに脇縫いや背縫いにまで柄が続くようになった。柄自体も格調が高められ,肩裾絵羽模様の訪問着と見分けがつかないものが多い。絵羽模様は,白生地を裁って着物の形に仮縫いし下絵を描き,ほどいて染めるのに対し,付下げは反物のまま染める。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

付(け)下げの関連キーワード小紋和服

今日のキーワード

イラク日報

2004~06年に陸上自衛隊がイラク復興支援活動に派遣された際の活動報告。04年1月20日~06年9月6日の計435日分が、計1万4,929ページに渡って記されている。陸上自衛隊が08年にまとめた「イ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android