コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

付(け)下げ ツケサゲ

3件 の用語解説(付(け)下げの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

つけ‐さげ【付(け)下げ】

和服で、袖・身頃(みごろ)・衽(おくみ)・襟などの模様が全部上向きになるように配置されているもの。訪問着がわりに着用できる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

付下げ【つけさげ】

女物の着物の模様配置の一種,またそのように模様をつけた着物もいう。反物のままで袖(そで),身ごろ,衿(えり)などの部分をあらかじめ測り,仕立てた場合に模様が全部上向きになるように染めたもの。
→関連項目訪問着

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

つけさげ【付下げ】

女物の長着などに用いられる柄づけ。仕立て上がったとき,前後とも柄が上を向くように計算してつける。元来,長着の上前の衽(おくみ)付だけ柄が合う絵羽模様の簡略化されたものであったが,しだいに脇縫いや背縫いにまで柄が続くようになった。柄自体も格調が高められ,肩裾絵羽模様の訪問着と見分けがつかないものが多い。絵羽模様は,白生地を裁って着物の形に仮縫いし下絵を描き,ほどいて染めるのに対し,付下げは反物のまま染める。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

付(け)下げの関連キーワード長着額仕立て狭襟対丈人形仕立て端尺撥襟比翼仕立て仕立て券あわせ(袷)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone