コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

付(け)札 ツケフダ

デジタル大辞泉の解説

つけ‐ふだ【付(け)札】

目じるしとしてつける札。さげふだ。
指令・意見・返答などを記して本紙にはりつける紙札。貼り札。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

つけふだ【付札】

江戸時代,公文書に貼付された付箋の一種で指令,意見,返答などを記すのに用いられた。付紙,張札とも称する。付札はとくに下から提出された伺書に対して回答を下す場合に多く見られ,幕府は大名諸家よりの伺書に対して老中の付札をもって回答指示を与えた。この場合,付札は文書奥の上縁部に貼付され,差出人署判や日付を有さず,ただ回答文言のみが記された。伺書に許可が与えられたときには〈可為勝手次第候〉とのみ記された。【笠谷 和比古】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の付(け)札の言及

【木簡】より

…文書様木簡は短冊形が多い。(2)付札 これには単なる物品の付札もあるが,重要で中心になるものは調庸をはじめとする租税物資の付札である。貢進物付札には国郡主戸主姓名(戸口姓名)のほか税目(調,庸,中男作物,贄,雑役,白米,交易物,年料物など),品目(海藻類,魚介類,塩,鍬,鉄,銭,綿,米など),数量,年月日(年月が多い)が記入されており,まれに専当国郡司の名前が書きこまれることがある。…

※「付(け)札」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

付(け)札の関連キーワードトランプ(カード)東大寺領横江荘遺跡シーリング印刷租庸調・雑徭岡津製塩遺跡木簡野帳

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android