付着・附着(読み)ふちゃく

大辞林 第三版の解説

ふちゃく【付着・附着】

( 名 ) スル
物について離れないこと。 「貝が船底に-する」
種類の異なる二物質が接触して互いにくっつき合う現象。例えば、固体の表面に液体が付着する濡れなど。凝着。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ふ‐ちゃく【付着・附着】

〘名〙
① ついて離れないこと。異質のものや大きなものにくっつくこと。
※百丈清規抄(1462)四「楊億が古清規のと三清規の序ともとを皆此清規の末に附着したぞ」 〔漢書‐東方朔伝賛〕
異種の物質が接触したとき、互いの分子間の力によってくっつく現象。たとえば固体表面に液体が付着する「濡れ」など。〔改正増補物理階梯(1876)〕
③ 二個の染色体が端部で互いに接着して複合染色体をつくること。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android