コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楊億 ようおくYang Yi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

楊億
ようおく
Yang Yi

[生]開宝7(974)
[没]天禧4(1020)
中国,宋初の詩人。浦城 (福建省) の人。字,大年。神童の名が高く,太宗の愛顧を受け,光禄寺丞,著作郎を歴任,翰林学士に進んだ。晩唐の李商隠の詩の形式的な模倣に熱中し,同僚の高官と華美な表現の抒情的な詩を応酬し,いわゆる西崑派の中心として宋初の詩風を代表するが,内容が空疎であるため,王禹しょう梅堯臣らの新しい宋詩の勃興とともに忘れられていった。文集『武夷新集』。また『太宗実録』『冊府元亀』の編纂に参与した。 (→西崑酬唱集 )  

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ようおく【楊億】

974~1020) 中国、北宋の文学者・詩人。福建省の人。「冊府元亀さつぷげんき」の編纂にあたる。唱和詩をまとめた「西崑酬唱集」は西崑体と称され、宋初の詩壇に大きな影響を及ぼした。 → 冊府元亀

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

楊億
ようおく
(974―1020)

中国、宋(そう)代の詩人。字(あざな)は大年(たいねん)。建州浦城(ほじょう)(福建省浦城県)の人。11歳のとき神童の評判を聞いた太宗(たいそう)に詩賦を試みられ、秘書省正字の官を授けられた。1006年(景徳3)に翰林(かんりん)学士となり、同僚の劉(りゅういん)、銭惟演(せんいえん)らと唱和した詩を集めて『西崑酬唱(せいこんしゅうしょう)集』二巻を編み、その詩のスタイルを西崑体と称した。それらはもっぱら晩唐の李商隠(りしょういん)の近体詩を模倣しようとしたもので、典故を多用する華麗な修辞を特色とするが、内容は類型的で浅い。著に『武夷(ぶい)新集』20巻(もと194巻という)がある。[横山伊勢雄]
『前野直彬編『宋詩鑑賞辞典』(1977・東京堂出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の楊億の言及

【冊府元亀】より

…1000巻,目録10巻。王欽若,楊億らの奉勅撰。1005年(景徳2)から13年(大中祥符6)にかけて完成された。…

※「楊億」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

楊億の関連キーワード伝灯録銭惟演

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android