コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

凝集力 ぎょうしゅうりょくcohesive force

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

凝集力
ぎょうしゅうりょく
cohesive force

気体と異なり,液体固体が凝集して一定の体積をもつのは分子原子またはイオン間に働く引力のためと考えられる。この力を凝集力という。しかし,凝集力だけなら固体や液体はその体積がどんどん小さくなってしまうはずであるから,短い距離だけで働く反発力を考えなければならない。一般に,凝集力は反発力に比べると遠くまで作用する。凝集力といっても1種類の力ではなく,分子間のクーロン引力,電気双極子間の静電引力,水素結合,電荷移動力など種々の引力がその原因となりうる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぎょうしゅう‐りょく〔ギヨウシフ‐〕【凝集力】

分子原子あるいはイオン間に働く引力。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぎょうしゅうりょく【凝集力】

固体・液体でそれを構成する原子・分子・イオンの間にはたらいている引力のこと。凝集力の原因としては、静電引力・水素結合・ファンデルワールス力などがあげられる。液体や固体が一定の体積を示すのはこの力による。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

凝集力
ぎょうしゅうりょく
cohesive force

物体を構成する原子、イオンあるいは分子間に働いている引力のこと。分子を構成する原子間力はいわゆる化学結合力によって強力に結合されているが、分子間にはさらに凝集力が働いて固体や液体が形成される。このように、より物理的な力として凝集力は、ファン・デル・ワールス力、イオン間に働く静電引力、双極子あるいは多極子引力、水素結合力、電荷移動力、あるいは金属では電子と原子核の相互作用力などからなっている。凝集力に基づくポテンシャルエネルギーを凝集エネルギーという。それは固体では昇華熱、液体では蒸発熱などから測定される。その大きさは分子性結晶で8~80、イオン性結晶で450~1100、タングステンの880を例外として金属で80~550、共有結合結晶で1モル当り330~700キロジュールである。[吉田俊久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

凝集力の関連キーワードウィルヘルミ(Ludwig Ferdinand Wilhelmy)ファンデルワールス吸着ファンデルワールス力ファンデルワールスミュッセンブルークコンピーテンスコンセンサス社会的圧力交渉の理論大阪(府)市民宗教金属結合分子結晶理想溶液近距離力合成ゴム破断面新進党半導体破砕岩

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

凝集力の関連情報