コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

付随訴訟 ふずいそしょうAnhangsprozess

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

付随訴訟
ふずいそしょう
Anhangsprozess

民事訴訟や民事執行に付随して生じる訴訟で,その判決や執行の適否審判をするために別個の手続で行なわれる訴訟。訴訟上の事項を審判の対象とするため,訴訟訴訟ともいう。再審の訴え (民事訴訟法) ,請求異議の訴え (民事執行法) などがその例である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふずいそしょう【付随訴訟】

民事訴訟は,通常,私法上の権利または法律関係を審判の対象とするが,場合によっては,他の訴訟手続における裁判や執行の適否など,訴訟法上の効果の確定や形成を目的とするものがある。再審の訴え(民事訴訟法338条)や執行判決請求訴訟(公示催告手続及ビ仲裁手続ニ関スル法律802条,民事執行法24条)等がそれであり,これらは他の訴訟に付随するという意味で付随訴訟,または訴訟に関する訴訟という意味で訴訟訴訟と呼ばれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android