コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

請求異議の訴え せいきゅういぎのうったえVollstreckungsgegenklage

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

請求異議の訴え
せいきゅういぎのうったえ
Vollstreckungsgegenklage

債務名義に掲げられた実体法上の請求権の存在,内容の変更を理由として,その債務名義に基づく強制執行を許さない旨の宣言を求める債務者の訴え (民事執行法 35) 。請求権の存在の変更とは,弁済,免除,更改,相殺,譲渡などであり,内容の変更とは,履行条件の変更,期限の猶予などである。債務名義が確定判決である場合の異議の事由口頭弁論の終結後に生じたものに限り,仮執行の宣言を付した支払命令である場合はその送達後に生じた事由であることを必要とする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

請求異議の訴え【せいきゅういぎのうったえ】

債務者が債務名義に表示されている請求権の存在または内容を争い,債務名義の執行力の排除を求める訴え(民事執行法35条)。執行機関は債権者から提出された執行力ある正本執行文)に基づいて強制執行を行うから,弁済・債務履行などで執行をする権利が債権者になくなった後に執行がなされることもあり,こうした場合の救済方法である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せいきゅういぎのうったえ【請求異議の訴え】

債務名義に表示された請求権の存在あるいは内容を争い,強制執行が許されない旨の宣言を求める訴え(民事執行法35条)。たとえば,一定金額の請求権を内容とする確定判決を債務名義として強制執行が行われようとするときに,判決確定後に弁済によって請求権が消滅し,あるいは猶予によって請求権の履行期が延長されたと債務者が主張し,強制執行が永久に許されないこと,あるいは一時的に許されないことの宣言を裁判所に求めるものである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

請求異議の訴え
せいきゅういぎのうったえ

強制執行の前提となる債務名義の執行力を排除することを目的とした訴え。債務名義に表示された実体法上の請求権が、その後の適法な弁済、供託、時効の完成、更改、免除、相殺などの原因によって消滅した場合には、債務者は債権者に対して「請求異議の訴え」を提起し、当該債務名義による強制執行を許さない旨の判決を求めることができる(民事執行法35条1項)。現行法上、執行機関は、執行力ある正本が提出されたならば、実体法上の権利関係を審査することなく、執行を開始しなければならない。したがって、債務名義が成立したあとに前記のような原因によって、つまり債務名義成立後の事情変更によって、その表示する実体法上の権利が消滅した場合には、債務者はこの訴えによってその執行力を失わせることによってのみ、執行を免れることができる。
 なお、確定判決についての異議の事由は、口頭弁論の終結後に生じたものに限られる(同法35条2項)。[内田武吉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の請求異議の訴えの言及

【強制執行】より

…確定判決では,その確証度が非常に高いのに対して,執行証書では,確証度は低い。この差異は,〈請求異議の訴え〉において債務者が,いかなる範囲の事由を主張できるかという相違としてあらわれる(35条1項,2項)。 また,現実に強制執行を開始するには,債務名義だけでは足らず,それに執行文が付記されなければならないのが原則である(これを〈執行力ある正本〉という)。…

※「請求異議の訴え」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

請求異議の訴えの関連キーワード執行異議・執行抗告強制執行請求権付随訴訟

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android