仙北平野(読み)せんぽくへいや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宮城県北・中部,広義仙台平野の北半部。北上川迫川江合川鳴瀬川の中・下流域の沖積平野伊豆沼長沼などの湖沼湿地が多かったが,江戸時代以降の干拓により,東北一の広い水田地帯になった。西部築館 (つきだて) 台地があり,南部に篦岳 (ののだけ) 丘陵や大松沢丘陵,松島丘陵などの環状丘陵がある。松島県立自然公園旭山県立自然公園がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の仙北平野の言及

【仙台平野】より

…広義には西は奥羽山脈,東は北上高地南部,北は一関(いちのせき)丘陵,南は阿武隈高地北部で境される低地帯全体をいい,ほぼ中央部で標高200m以下の丘陵群によって南北に分断される。松島丘陵,富谷(とみや)丘陵以南を仙南平野,以北を仙北平野と呼ぶことが多い。 仙南平野は,七北田(ななきた)川,梅田川,名取川,阿武隈川などの河口付近の沖積平野およびそれ以南で亘理(わたり)丘陵東側の仙台湾岸の海岸平野を含む狭義の仙台平野と,周辺の角田(かくだ),白石(しろいし),大河原,村田,船岡,槻木(つきのき)などの小盆地群からなる。…

※「仙北平野」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仙北平野の関連情報