コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江合川 えあいがわ

5件 の用語解説(江合川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

江合川
えあいがわ

宮城県北部,仙北平野中部を流れる北上川の一支流。全長 93km。大崎市北西部の荒雄岳東麓に発し,鳴子温泉付近で大谷川 (おおやがわ) を合わせて南東流し,大崎平野をゆるやかに流れ篦岳丘陵の南を通って旧北上川に合流する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

えあい‐がわ〔えあひがは〕【江合川】

宮城県北部から中部を流れる川。荒雄岳の東部に源を発する荒雄川の下流部の名。石巻市で旧北上川に合流する。長さ80キロ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

江合川【えあいがわ】

宮城県北西部の荒雄岳東麓に発する荒雄川下流部の名称。東流して北上川に注ぐ川。荒雄川上流部も含む源流からの長さ93km。江戸時代は灌漑(かんがい)用水を供給したほか,年貢米の輸送にも使われた。
→関連項目小牛田[町]宮城[県]涌谷[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

えあいがわ【江合川】

宮城県北西部,荒雄岳の東麓に源を発する荒雄川の下流部で,北上川の一支流。幹川流路延長約80km。岩出山町より上流は荒雄川とよばれ,荒雄岳の東麓を環流し,鬼首(おにこうべ)盆地を経て西からの大谷川を合わせ,大崎平野を緩流し,桃生(ものう)郡河南町前谷地で北上川に合流する。洪水時には本流北上川の水までが逆流するため,南の鳴瀬川へ流入させる導流堤が作られ,上流にはアーチ式の鳴子ダム(総貯水量5000万m3)が1957年構築された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

江合川
えあいがわ

宮城県北部を流れる北上川の一支流。延長約80キロメートル。源を荒雄(あらお)岳(992メートル)東麓(とうろく)に発し、山麓を逆時計回りに巡って鳴子(なるこ)温泉付近で大谷(おおや)川をあわせ、南東に向かい大崎平野を緩流して石巻(いしのまき)市前谷地(まえやち)で北上川に合流する。大崎(おおさき)市岩出山(いわでやま)より上流は荒雄川とよばれる。大崎平野では南の鳴瀬(なるせ)川と並行して流下するが、名鰭(なびれ)沼その他の湿地帯があり、流路は錯綜(さくそう)している。洪水時には本流北上川の水までが逆流するので、江合川の水を鳴瀬川へ流入させる導流堤がつくられている。近世初期までは北上川と並行して、現在の定(じょう)川の流路に従って南流して石巻湾に注ぎ、戦国時代には水運も開けていた。[青柳光太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

江合川の関連キーワード阿賀川赤平川荒雄岳鬼首温泉郷コロンビア川吉田川紙屋川五十嵐川葛城川鳴子〈町〉

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

江合川の関連情報