江合川(読み)えあいがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

江合川
えあいがわ

宮城県北部,仙北平野中部を流れる北上川の一支流。全長 93km。大崎市北西部の荒雄岳東麓に発し,鳴子温泉付近で大谷 (おおやがわ) を合わせて南東流し,大崎平野をゆるやかに流れ篦岳丘陵の南を通って旧北上川に合流する。岩出山から上流荒雄川と呼ぶ。下流部は名鰭沼 (なびれぬま) などの湿地帯で,かつて洪水が多かったが,北上川下流部の改修により,北上川からの逆流による洪水はなくなった。江戸時代には石巻から古川付近まで舟運があった。 JR石巻線と陸羽東線がほぼ並行して通る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

江合川【えあいがわ】

宮城県北西部の荒雄岳東麓に発する荒雄川下流部の名称。東流して北上川に注ぐ川。荒雄川上流部も含む源流からの長さ93km。江戸時代は灌漑(かんがい)用水を供給したほか,年貢米の輸送にも使われた。岩出山町(現・大崎市)から下流は仙北平野を形成。上流に鳴子の温泉郷,鳴子ダムがある。
→関連項目小牛田[町]宮城[県]涌谷[町]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

えあいがわ【江合川】

宮城県北西部,荒雄岳の東麓に源を発する荒雄川の下流部で,北上川の一支流。幹川流路延長約80km。岩出山町より上流は荒雄川とよばれ,荒雄岳の東麓を環流し,鬼首(おにこうべ)盆地を経て西からの大谷川を合わせ,大崎平野を緩流し,桃生(ものう)郡河南町前谷地で北上川に合流する。洪水時には本流北上川の水までが逆流するため,南の鳴瀬川へ流入させる導流堤が作られ,上流にはアーチ式の鳴子ダム(総貯水量5000万m3)が1957年構築された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

江合川
えあいがわ

宮城県北部を流れる北上川の一支流。延長約80キロメートル。源を荒雄岳(あらおだけ)(992メートル)東麓(とうろく)に発し、山麓を逆時計回りに巡って鳴子(なるこ)温泉付近で大谷川(おおやがわ)をあわせ、南東に向かい大崎平野を緩流して石巻(いしのまき)市前谷地(まえやち)で北上川に合流する。大崎(おおさき)市岩出山(いわでやま)より上流は荒雄川とよばれる。大崎平野では南の鳴瀬川(なるせがわ)と並行して流下するが、名鰭(なびれ)沼その他の湿地帯があり、流路は錯綜(さくそう)している。洪水時には本流北上川の水までが逆流するので、江合川の水を鳴瀬川へ流入させる導流堤がつくられている。近世初期までは北上川と並行して、現在の定川(じょうがわ)の流路に従って南流して石巻湾に注ぎ、戦国時代には水運も開けていた。

[青柳光太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例