コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

築館(読み)つきだて

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

築館
つきだて

宮城県北部,栗原市南部の旧町域。仙北平野北西部にある。 1896年町制。 1954年玉沢村,宮野村,富野村の3村と合体。 2005年若柳町,栗駒町,高清水町,一迫町,瀬峰町,鶯沢町,金成町,志波姫町,花山村と合体して栗原市となった。中心地区の築館は古くから陸羽街道の宿場町として発展。2,5,10月の互市は江戸時代から続く。一迫川 (いちはざまがわ) 流域の農村地帯の商業の中心地。国道4号線 (陸羽街道) ,398号線が交差し,東北自動車道が縦貫,築館インターチェンジがあり,交通の要所。工業団地も造成。官公庁の出先機関が多い。南東部にある内沼伊豆沼ハクチョウガンカモ類の渡来地として 1967年国の天然記念物に指定。双林寺 (杉薬師) にある木造薬師如来坐像と木造二天王立像は国の重要文化財。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

築館
つきだて

宮城県北部、栗原(くりはら)郡にあった旧町名(築館町(ちょう))。現在は栗原市の南東部を占める地域。旧築館町は、1896年(明治29)町制施行。1954年(昭和29)玉沢、宮野、富野の3村と合併。2005年(平成17)若柳(わかやなぎ)、栗駒(くりこま)、高清水(たかしみず)、一迫(いちはさま)、瀬峰(せみね)、鶯沢(うぐいすざわ)、金成(かんなり)、志波姫(しわひめ)の8町および花山(はなやま)村と合併して市制施行し、栗原市となった。東北自動車道、国道4号、398号が通じる。北部と南部は丘陵で、中央を一迫川、北端を二迫(にのはさま)川が流れる。南東端には国指定天然記念物のハクチョウの飛来地として有名な伊豆(いず)沼、内(うち)沼がある。両沼はラムサール条約指定湿地に登録され、沼の自然や昆虫の生態を紹介した「サンクチュアリーセンターつきだて館」がある。また、周辺には縄文期の遺跡が多い。奈良中期には伊治(いじ)城が設置されていた。近世には中心の築館は奥州街道の宿場となり、また宮野には代官所が置かれた。明治期には郡役所が設置され、以後、商業、行政の中心地。双林(そうりん)寺の木造薬師如来坐像(やくしにょらいざぞう)などは国の重要文化財。また双林寺では仙台藩時代からの互市(たがいち)が現在も行われる。[後藤雄二]
『『築館町史』(1976・築館町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

築館の関連情報