コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

迫川 はさまがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

迫川
はさまがわ

宮城県北部,栗駒山 (1626m) 南東麓に発する三川 (さんはさまがわ,さんのはざまがわ) ,二迫川,一迫川が栗原丘陵東部で合流し,北上川に注ぐ川。「はざまがわ」とも呼ぶ。全長 87km。金成平野 (かんなりへいや) を潤して南東流し,仙北平野の低湿地帯で大きく蛇行し,篦岳丘陵東部で旧北上川に合流する。築館台地の末端で,伊豆沼長沼,船越沼の堰止湖をつくり,登米市佐沼以南では蕪栗沼 (かぶくりぬま) ,大谷地などの広い遊水池をもっていた洪水常襲地。北上総合開発計画により,三迫川に栗駒ダム,一迫川に花山ダムがつくられ,佐沼以南に直線流路を開削し,沼沢地のほとんどは干拓された。三迫川下流の栗原市にある沢辺ゲンジボタル発生地は国より天然記念物の指定を受けている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

迫川【はさまがわ】

北上川の支流。長さ87km。宮城県北端の栗駒山に発し,若柳町(現・栗原市)の西で三迫川,二迫川,一迫川が合流。仙北平野を経て大谷地付近で北上川に注ぐ。迫町(現・登米市)佐沼から下流は著しく曲流するため,佐沼から南に新流路が開かれている。江戸時代は北上川の増水によって逆流,洪水の多い河川であった。
→関連項目石越[町]伊豆沼豊里[町]迫[町]南方[町]宮城[県]米山[町]若柳[町]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はさまがわ【迫川】

宮城県北部を流れる北上川の支流。全長おおよそ86km。栗駒山南麓に発する一迫(いちはさま)川,二迫(にはさま)川,三迫(さんはさま)川がそれぞれ谷をつくりながら南東流し,若柳町西部で合流して迫川となり,蛇行しながら南下,篦岳(ののだけ)丘陵東方で北上川に合流する。登米郡下では仙台平野北部に含まれる低平な沖積地を大きく曲流し,河床こう配は小さい。このため洪水時には北上川に排水できずはんらんを繰り返し,下流部に遊水池を多くもつ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

迫川
はさまがわ

宮城県北部を流れる北上(きたかみ)川支流の一つ。栗駒(くりこま)山南東麓(ろく)に発するが、上流部は南から一迫(いちはさま)川、二迫(にのはさま)川、三迫(さんはさま)川に分かれて東流し、栗原市東部で合流して迫川となる。登米(とめ)市では低平な沖積地を蛇行し、篦岳(ののだけ)丘陵東方で旧北上川に合流する。延長87キロメートル。流域面積855平方キロメートル。登米市迫町佐沼から大谷地(おおやち)の間は河床勾配(こうばい)が著しく小さく、大雨などで北上川の流量が増えると北上川に流入できず洪水常襲地となり、蕪栗(かぶくり)沼、長沼、伊豆(いず)沼、内沼や大谷地の遊水池が生じた。第二次世界大戦後、北上川総合開発計画により一迫川上流に花山(はなやま)ダム、三迫川上流に栗駒(五山)ダムが建設され、佐沼から真南に新流路の新迫川も開かれたので、洪水は防止され、谷地や沼の多くは干拓された。三迫川の沢辺(さわべ)はゲンジボタルの発生地として国の天然記念物となっている。なお伊豆沼と内沼は1985年(昭和60)に、蕪栗沼と周辺水田は2005年(平成17)に、それぞれラムサール条約登録湿地となった。[境田清隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

迫川の関連キーワード奈良県吉野郡野迫川村弓手原奈良県吉野郡野迫川村中津川アドベンチャーランド奥高野奈良県吉野郡野迫川村平川奈良県吉野郡野迫川村柞原奈良県吉野郡野迫川村檜股奈良県吉野郡野迫川村紫園奈良県吉野郡野迫川村立里奈良県吉野郡野迫川村北股奈良県吉野郡野迫川村上奈良県吉野郡野迫川村中米山(旧町名)宮城県登米市長沼(湖)豊里[町]若柳[町]米山[町]灘崎[町]石越[町]南方[町]

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

迫川の関連情報